対処方法は?

厚生労働省の食中毒に関する情報

厚生労働省のホームページには、「食中毒に関する情報」が掲載されています。

食中毒の予防対策、家庭でできる食中毒予防、病因物質別の情報など、さまざまな情報がありますので、一度読んでみると良いでしょう。

家庭でできる予防策としては、「6つのポイント」があるようです。

ポイント1は「食品の購入」。新鮮な食材を選ぶことはもちろん、消費期限もきちんと確認することが大切です。

また、特に夏場などは、生鮮食品を購入し自宅に帰るまでの間、時間が経過すればするほど温度管理は難しくなってきます。購入したら寄り道をせずまっすぐ持ち帰りましょう、などと書かれています。

これも大切なことですね。

ポイント2は「家庭での保存」。冷凍や冷蔵が必要な食品はすぐに入れること、冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎにも注意すること、冷蔵庫や冷凍庫の温度管理についても記載されています。

ポイント3は「下準備」。これも非常に大切なことで、台所のゴミ処理について、タオルやふきんなどキッチン用品の整理についてなど、菌がついてしまう原因になる箇所についての注意が掲載されています。

包丁、食器、まな板、ふきん、たわし、スポンジなど、厚生労働省のホームページを参考に、いま一度、清潔に保たれているか再確認してみましょう。

他に、ポイント4は「調理」、ポイント5は「食事」、ポイント6は「残った食品」と続きます。

当サイトでは紹介しませんので、ぜひ厚生労働省のホームページへアクセスして下さい。

食あたりについて調べてみる

夏は特に注意しましょう

食あたりにならないようにするために

病院で受診する場合

吐き気がある時は安静に

食あたりになってしまったら

応急処置はどうすればよいの?

食あたりになってしまった時の食事は?