どんな症状?

食あたりと発熱の症状について

食あたりと発熱についてみていきましょう。

食あたりの症状が出るのは潜伏期間を過ぎてからであり、細菌の種類によってその期間もも違っています。

発熱はいろいろな病気の時に出る症状ですが、その症状だけでは、どんな病気なのかを知ることはできません。

もし下痢や嘔吐を伴った発熱の場合は、食あたりを疑いましょう。

ウィルス性の食あたりではないでしょうか。

もちろん、食あたりにも程度の差がありますし、個人差も大きいようです。

一般的には、食あたりは、腸内に毒素や細菌が入ってきたために起こる症状で、
激しい腹痛や下痢、嘔吐、発熱があります。

このような症状が出た場合は、できるだけ早く病院に行きましょう。

それらの症状を我慢して重症化してしまうこともあるのです。

食あたりの症状には、さまざまなものがあります。

便についても、水っぽい便が出たり、粘質性の便が出たりとさまざまです。

発熱は38度を超す場合もあり、いずれにしても病院で検査をしてもらうことが重要です。

そして、処方された薬を飲み、しばらく安静にしておくことが大切です。

体力があれば良いのですが、下痢や嘔吐は急激に体力を奪っていきます。

また、体内の水分も奪われますので、水分補給とエネルギー補給が大切になるのです。

下痢の場合、通常の食事を摂ることも困難でしょう。

消化の良い食事を少しずつ摂るようにし、水分補給としてこまめに水やスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

体の中から食あたりの原因(細菌など)が排出されたならば、だんだんと症状は治まっていきます。

食あたりと腹痛の症状

発熱の症状がある場合

食あたりの腹痛の症状とは?

嘔吐してしまう場合

食あたりの症状を知っておこう

間違えやすい感染性胃腸炎

下痢の症状がある場合